FC2ブログ
Admin

鬱病持ちの勤め人の翡翠のブログです。たまに詩や散文があったりします。用のある方はメールフォームからどうぞ。 なお、メールフォームは携帯電話ではご利用できません。

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
いろいろなことに興味がある人間です。読書(本・漫画両方)もTVも好き。
昔の「相棒」、「特攻野郎Aチーム」、「鋼の錬金術師」、「聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話」、「FF7」のレノとタークス、「BLEACH」の浮竹隊長、ドワイト・シュルツさん、渡辺いっけいさん、水谷豊さんが好き。
休暇と休日以外は予約投稿が多いです。また、朝早く起きた時は、その時に更新しています。

フリーエリア
カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

カテゴリ
カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク

 ✤ こっそりと
Posted on 15.2010
小田切医局長の笑顔

小田切医局長の好きな笑顔。癒されます! 医局長大好き!

cetegory : テレビ  ✤   ✤ 
2010年10月15日(金)  04:14 by 翡翠
 ✤ 小田切医局長の遺した物
Posted on 13.2010
作中で小田切医局長は死を迎えます。矢部先生を待っている最中、くも膜下出血になり倒れて、雨の中で。余りにも切なかった。救命チームは必死で救命しますが、心肺停止から40分。それが何を意味しているのか知らない彼等ではありません。

脳死、と判定された小田切医局長。臓器の摘出へと準備が進めれられていきます。作中の最後で、臓器移植が成功した事を表すような「サンクスカード」が。小田切医局長の奥様の手から救命チームへ。矢部は仮眠室で読み、一人涙を流す。医局長の心を思って。医局では神林先生、馬場先生、城島先生、婦長、桜井の目にも涙が。

小田切医局長がどれだけ救命に心血を注ぎ、人の命を救うことを願っていたか。神宮教授の圧力に耐え、笑顔を絶やさなかった小田切医局長。彼は間違いなく救命医だった。

小田切医局著の遺した物は患者を思いやる、一人でも多くの患者を救う心。臓器だけじゃない。医者として一番大事な心を救命のみんなに遺していったんだ。小田切医局長、貴方の作った救命チームは、貴方のその心を忘れない。プライドの高い進藤先生でさえ、医局長の事は尊敬して、信頼していた。

このドラマから私は多くの物を学んだ。嬉しく、誇りに思う。渡辺いっけいさん、貴方なくしてはこのドラマは成り立たなかった。多くの物をありがとう!

cetegory : テレビ  ✤   ✤ 
2010年10月13日(水)  05:14 by 翡翠
 ✤ 小田切医局長!
Posted on 11.2010
救命病棟24時の第二シーズンのDVDを借りていて、最終巻を先週借りた。今日、返却日なので、最後に見る事に。もう、また号泣!! 小田切医局長、くも膜下出血……。死亡率高いですよね。矢部先生を待っていて、倒れてしまう小田切医局長。もう涙なしでは見られない。

一番自分を責めていた矢部先生。携帯の伝言を泣きながら聴く矢部先生。「医局長……。」もれ零れる言葉が辛い。

渡辺いっけいさん、本当にお疲れ様でした。私は一生小田切医局長を忘れません。貴方の素晴らしい演技も。

cetegory : テレビ  ✤   ✤ 
2010年10月11日(月)  13:50 by 翡翠
 ✤ 救命病棟24時 第二シリーズ DVD6巻
Posted on 08.2010
今回で最終巻である。わくわくしながら見ていたが、小田切医局長ー!! そんな……。脳死だなんて。ドナー登録をしていて、運ばれてしまう小田切医局長。
その時進藤先生が「貴方の作った救命チームです。貴方の事は忘れません」よく言ってくれた。もう号泣でした。あんなに患者さんのことを救命チームの事を考えていたのに。救命のスタッフが涙を流すのが印象的でした。

すぐに消防から連絡が入り、躊躇いながらも受け入れる救命チーム。矢部先生が「今、医局長を見送ったばかりなのに……」。矢部先生は「俺は小児科に移ります。俺は救命には向いていない」。矢部先生違うよ。みんなも辛いんだよ。婦長だって泣いていたじゃん。臓器移植に燃えていた城島先生でさえ、「救命に来るまで知りませんでした。患者がドナーになる事がこんなに辛いなんて……」って言ってたでしょう。

新しい医局長は利益優先の人で、みんな小田切医局長の作った救命を潰したくないために我慢する。でもとうとう我慢しきれなくなって。進藤先生が「何のために医者をやっているのか」を皆に問いかける。

その後災害(サリンほど酷くないけれど)が発生して、余裕のある医師は全員救命へ。戦場のような救命病棟。そこへ小児科に移った矢部先生が来て。

最後に矢部先生は救命に帰ってきます。小田切医局長の奥様から託されたサンクスレターを読みながら泣く矢部先生。携帯には小田切医局長からの「帰っておいでよ」の伝言が。最終話に相応しい話でした。

香坂先生はアメリカへ、桜井は認定看護師の資格を取るために一年の休職。小田切医局長の遺した救命チームは明日も頑張っていくのでしょう。小田切医局長、貴方は素晴らしい医者でした。演じきった渡辺いっけいさん感動をありがとう!

cetegory : テレビ  ✤   ✤ 
2010年10月08日(金)  17:38 by 翡翠
 ✤ 救命病棟24時 第二シリーズ DVD5巻
Posted on 05.2010
相変わらず面白かったです。

一話目が救命での屋形船を貸し切っての花火大会。つい、うっかりコネがあるように言ってしまった香坂先生が幹事になる話。仮病が疑われている子供が来た時の香坂先生が良かった。
そう誰にだって、「嘘」が必要な事もある。嘘をついている人間も苦しいよね、きっと。
でも、その日救命のみんな忙しくて香坂先生を除いては誰一人花火大会に行かなかった。これひどいよね(笑)。

神林先生のお子さんが出来たエピソードは良かったな。Dr.ビーン笑えます。駄目ですよ、情報提供の身内の事変な風に書いちゃ。

事故で右腕を切断された水泳の選手の話がたぶんメインだったんだろうけれど、香坂先生のエピソードで印象が薄くなってしまっている。勿体ないな。幻肢痛のことまで描かれているのに。

病院巡りをする人たちが書かれていて良かった。あと矢部先生が浮気相手がいたんじゃないかと奥さんに問いつめられたエピソード。変えてあるけれど浜○先生の本にも載っていたよね。よく似たエピソードだと思った。この奥さんが醤油を飲んで急性中毒になって運ばれてくるところは、身につまされたなぁ。醤油、飲めないから、普通。私も大学病院に入院していた時、「醤油と農薬は絶対に駄目」と先生に言われた。

第二話目のエピソードはアクション俳優さんの話。これは桜井が救命の認定ナースになるために学校に通うのを迷っているエピソードが良かった。アクション俳優の恋の話も矢部先生のエピソードもあんまり印象に残らなかった。

ただ、渡辺いっけいさんが演じる小田切医局長が「進藤先生、あなたは本当に優秀な医者だが、いつか僕と対立するかも知れない」みたいな事を言っていて、そっちの方が気にかかった。あの嫌みな神宮教授に何を言われたの、小田切医局長。いよいよ後1巻でラストです。楽しみです。

cetegory : テレビ  ✤   ✤ 
2010年10月05日(火)  05:15 by 翡翠

 ✤  BLOG TOP  ✤  NEXT»»